理解しておきたい就業規則の大切な基礎知識

就業規則は企業のルール

就業規則は、企業のルールです。仮に就業規則を用意する必要性がない従業員10人未満の会社でも、就業規則を完成させたほうが、利点があります。 まず 労使の差し障りを未然に予防できます。 労使の問題は年を経るごとに、上昇の一途をたどっています。問題をできる限り、未然に防止するためには、まず第一に就業規則がなければいけません。仮に問題が出てきても、企業の法律である就業規則に対応させて手を打つことが可能となります。

労働時間の変形ができます

時期のギャップが大きい会社の場合、1年単位もしくは1か月単位の変形労働時間制、さらに1週間単位の非定型労働時間制を活用するということから、1日につき労働時間を10時間にしてみることもできるのです。これについては10時間の労働をさせても、割増による賃金を供与する必要性がないということを意味します。 変形の労働時間制を効果的に活用することによって、合法に賃金のカットができます。こういった取り決めも就業規則でできます。

就業規則は健全と発展のため必要です

就業規則で会社組織の決まり事がきちんとあり、加えて確かめたいときに確認できる状態にあることは、従業員の企業に対する信頼度もプラスし、スムーズに働け、定着率するも高まります。 また、助成金には、要件の中に就業規則に記されていることが必須のものがあります。 実際のところ、就業規則が一切無いために社員を解雇したくても認められない、あるいは懲戒の処分が出来ないといった事例は今でもあります。企業の健全と発展を考えるなら作り込むべきです。

雇用する労働者が10人未満の場合は就業規則の届け出義務がなくなりますが、その場合でも、社内で作成したものは労働者に告知したうえで誰でも目に付くところに掲示して周知させれば効力を発揮することができます。