弁護士になりたい!?夢をかなえるために必要なこと

司法試験に受からなければならない

将来弁護士になりたいと考えている方もいることでしょう。そのためにはまず、司法試験に合格しなければなりません。そして、司法試験を受験するためには、法科大学院を卒業するか予備試験に合格する必要があります。そして突き詰めていくと、法科大学院に入学するためにも、その入学試験を通過しなければはなりません。このように、弁護士になるために通らなければならない関門は、とても多くなっています。そのため、法律に関する勉強は、早めにしておく必要があるでしょう。

法律はどうやって勉強すれば良いのか

法律は、条文形式で定められているので、条文と接することは重要です。しかし、法律学はただ条文を暗記すればよいわけではありません。前提となる学説や判例といった背景知識がなければ、条文を具体的な事例に生かすことができないからです。したがって、法律を学ぶためには、基本書をよく読むことから始めるべきです。幸い、多くの良質な入門書が本屋に売られており、法学部生でなくても勉強できるツールを入手できる環境が整っています。

ニュースを見て法律について考えることも大切

日常的に接するニュースも法律に関係することが多いので、見ておいて損はありません。例えば、傷害事件や収賄罪について大きく取り上げられることが多いですが、これらは刑法の範疇にあります。また、選挙関連訴訟で国が訴えられる場合には、行政法がかかわってきます。弁護士になった後は、このような具体的な社会現象に法を適用していかなければなりません。そして、近年の司法試験は、そのような知識を問う形態へとシフトしています。したがって、学習段階で意識することは司法試験の勉強にも役立ちますし、法的な思考方法を確立することにもつながります。意識して、頑張ってみてください。

交通事故や遺産問題など、困ったことが発生したなら鹿児島の弁護士に相談しましょう。実績が豊富なので、ただちに解決してもらえます。