ネットショップの決済に便利!仮想クレジットカード

仮想クレジットカードとは

一般のクレジットカードは申し込み用紙をカード会社に送付し、カードが自宅に送付されますが、仮想クレジットカードは実際のカードは存在せず、パソコンやスマートフォンでカード番号が表示される仕組みのものです。使用する前に予めコンビニやネットで仮想カードにお金をチャージし、その残高の範囲内で使用します。年齢さえ条件をクリアしていれば審査不要で発行され、申し込み後すぐに使用することができるため、発行の敷居が低く気軽に持つことができます。

仮想カードであることのメリットとは

ネットショッピングで使用することに抵抗はありませんか?クレジットカードで支払えば簡単だけど抵抗があるために代金引換で購入している方もいるのではないでしょうか。そこで役立つのが仮想クレジットカードです。事前にチャージした金額までしか支払いができないため、チャージした額以上に支払うことはありませんし、使用後不安があるようなら簡単にカード番号の変更が行えます。初めて使うネットショップなど、不安がある買い物が安全にできます。

クレジットカードとの違いとは

一番の違いは実際のカードが発行されるかどうかですが、仮想であるために店舗での使用はできないので注意が必要です。その代わりにオンラインでいつでも利用金額が確認できるというメリットがあります。年会費が無料になる条件がカード毎に設定されているので確認しましょう。メリットやデメリットをよく吟味して店舗では一般のクレジットカードを使用し、ネットでは仮想クレジットカードを使用するというように使い分けると良いでしょう。

決済代行とは、複数のカード会社やコンビニ等の決済において、利用者の利便性を向上するために、一括して決済を代行するサービス業のことをいいます。