ファイナンシャルプランナーになるための効率的な勉強法

苦手分野に時間をかけない

ファイナンシャルプランナーになるためには、不動産や金融、保険や税金など幅広いジャンルの知識が必要になります。すべての分野について完璧に勉強できれば合格は簡単なはずですが、すべてを完璧に習得するというのは難しいのが現状です。仕事をしながら、あるいは学校に通いながら勉強している人が多いので、それほど資格試験の勉強に時間をかけることができないという事情もあります。そこで、誰だって苦手な分野はあるとわりきって、得意ではない分野の勉強に時間をかけすぎないようにしましょう。「広く浅く」がファイナンシャルプランナーの勉強の基本です。

得意分野で大量得点を狙う

ファイナンシャルプランナーに一発合格するには、自分の得意なジャンルでできるだけ得点を稼ぐのが理想です。不動産分野が得意な人なら、そこで頑張って高得点を狙い、苦手分野のカバーができれば最高ですよね。試験範囲に得意な分野がないという人は、どれか興味のあるジャンルを1つ選んで、そこを徹底的に勉強するといつの間にか得点源になっているかもしれません。実際の試験でも、最初に得意な分野から解答すると、落ち着いて試験に取り組むことができます。

新聞や雑誌で最新情報をゲット

ファイナンシャルプランナーの試験は、社会情勢と密接に結びついています。法律が改正されて社会保険の仕組みが変わったり、国債の利回りが引き下げられたりといった経済・社会ニュースは試験と関連する貴重な情報の宝庫です。新聞や雑誌、テレビのニュースで金融や不動産、税制などのニュースを見かけたら、必ず理解するようにしましょう。ニュースで知ったことが実際に試験に出題される可能性もあります。また、ファイナンシャルプランナーになってから役立つこともあるはずです。

金銭的なライフプランを考えたいという人はもちろん、銀行や保険会社、不動産業界などで働いている人ならファイナンシャルプランナーの講座で勉強してみると役立つことが多くあります。